ワールドカップサッカーと思考中絶

ワールドカップサッカーと思考中絶 ジーコジャパンは北朝鮮を見事打ち砕いて、W杯出場を決めた。ジーコ監督も選手達も本当によくやったと思う。そして韓国もドイツ行きを決めた。二つの国が出場決定した事は素直に嬉しい。在日三世の僕にとっては韓国が「祖国」ならば日本は「母国」だ(こういう表現が適切かどうかは判らない)。来年、ヨーロッパサッカーの総本山とも言えるドイツで日本と韓国の活躍を見る事ができれば、それは最高である。
 先の2002年日韓共同開催W杯では、日本でも多くの人がこれまでに無いぐらいナショナリズムの高まりを感じたのではないだろうか。そんな高揚感をもって応援できるのは楽しい事だ。それは人類共通のスポーツ、サッカーならではだろう。日本人は日本代表を韓国人は韓国代表を応援して燃え上がるのが正しい楽しみ方である。国家的アイデンティティという面では流浪の在日はどうするのか。W杯で日本と韓国が当たるような事があった場合、どちらを応援するのか。そんな場面を勝手に想像して、僕は悩んでしまう。
 
 今、僕の身の周りにサッカーW杯ほど民族を意識させてくれる事象はない。が、民族的にどういうスタンスでW杯に臨むのかが曖昧だ。いくら祖国は韓国だといっても、選手の顔も名前もロクに知らないチームを応援できるだろうか。日本にいる以上、日本代表の情報量が圧倒的で選手一人ひとりに馴染みがある。中田や俊輔や小野の活躍が見たいと思っている。どうやら韓国と当たったとしても日本代表を応援したいと言う気持ちが強いような気がする。でも韓国人の僕が日本を応援するのもチトおかしい様にも思える。正直なところ、自分でもはっきりと判らないのである。そこで「対戦が決まってから考えればいいだろう」と思考を中絶するのである。

“ワールドカップサッカーと思考中絶” への2件の返信

  1. 確かにどちらを応援するかは難しいかも。
    でも、これも在日三世しかもてない楽しみ方と解釈すれば夢の対戦が早く見たいものだ!
    因みに、俺は右手に日の丸を、左手に大韓民国旗を、頭には阪神帽をかぶってW杯韓国対日本を応援するつもりだ!

  2. あらまんへ
    韓国から帰ってきたな、お帰り。
    まあ、日本と韓国がW杯の舞台で対戦するというのはまず無いだろうと思うが、ありえないわけでもない。その時はどうするんだ?と聞かれれば、僕も「両方応援する」というのが、今言える精一杯の答えではあるな・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください