春のパスタと自転車ワイン

春のパスタと自転車ワインOLYMPUS DIGITAL CAMERA乙訓を抱く丘陵地の大方は竹林である。そこで筍(たけのこ)が最盛期を迎えている。朝掘った筍は、麓に点在する店で販売されている。地元の筍はちょっと高級である。出るところに出れば、一本数千円の値が付く。奥海印寺あたりのこしゃくな坂道を自転車で上って、ゼイゼイ言って、出来れば値切って、朝掘り筍を買って帰るというのが毎年の恒例だ。

 

adsense

OLYMPUS DIGITAL CAMERA筍を使って料理をした。用意したのは、パスタ、あさり、にんにく、唐辛子、セロリ、オリーブオイルなど。切ったり、茹でたり、炒めたり、真面目に料理すること約20分、出来上がった。その名も『春のボンゴレビアンコ自転車オヤジ風』である。ひとり善がりなオヤジの自画自賛だが、パスタを作らせれば中々のモノだ。ボーノ!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAボンゴレにはもちろん白ワインだ。チョイスしたのはコノスル(ConoSur)というチリワインである。コノスルは、味も値段も優秀で人気が高い。それにどうだこのラベル、どうにもこうにもイカシテいる。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください