原爆投下と8月の雑感

原爆投下と8月の雑感茹だる夏である。毎年そんな事を言っているが、今年の夏はホントに大変だ。早めに梅雨が明けてからというもの、もの凄い暑さに晒されている。真昼の陽射しは殺人的で、京都の最高気温は連日40度近い。呼吸するのも躊躇われる空気である。食事と睡眠に気をつけて、あと一月ぐらいをなんとか凌ぐべし。

8月。今年もまた終戦の日を迎える。無謀な戦争で多くの犠牲者を出したこの国は、先祖や戦没者の霊を迎えて供養する時期である。新聞もテレビもその他のメディアも、戦争や平和、それらしい事柄を扱う。昭和の時代から、日本の8月は、国を挙げての平和と慰霊の月間である。

この記事を書いている8月6日は、広島に原爆が投下された日である。広島の平和記念式典に安倍首相が参列して何か述べたようだが、およそ平和とは逆行するような事ばかりやっているから、メディアからは不人気ぶりが伝わる。3日後の8月9日には、長崎にも原爆が投下された。夏雲も人の命も吹き飛ばしたキノコ雲。昭和20年8月、日本は最悪の終戦を迎えた。

adsense

広島、長崎と2発の原子爆弾が投下されたのは、日本の敗戦は決定的だった状況下である。原子爆弾を使う必要があったのか。原爆投下を正当化したい米国の歴史認識では、「米国は原爆によって終戦へ導いた」「結果的に米国人と日本人の命を救った」などという論説があるが、詭弁である。昭和20年夏、すでに沖縄は占領されており、日本の海も空も米国の手の内にあった。米国の映画監督オリバーストーン氏は「戦争の終結に原爆投下は必要なかった」「原爆投下は実験でもあった」と語る。

ひとつの論点がある。『どうしてドイツには原爆が投下されなかったのか』

この論点を掘り下げると、人種差別、レイシズム、戦争の本質というような問題をあぶりだす。同じ対戦国でも欧州のドイツでは使われず、アジアの島国日本で使われた。米国は大量殺戮を可能にする核兵器の使用にあたり、有色人種に対しては、ためらう事はなかった。しかも2発。米国が言うように、核兵器の威力を見せつける事で終戦を早めた、と言うなら、2発目は必要ない。日本人を虫ケラ同然に殺戮した原爆投下の背景には、醜い人種差別が見えてくる。あまりに酷い。

『子供を産まない、「生産性」がないから、LGBTカップルに税金を使うな』という雑誌の文章が問題になっている。書いたのがまた、安倍政権の子飼いの杉田水脈という国会議員だという。同議員は、ジャーナリスト山口敬之氏から準強姦の被害を被ったと訴えた伊藤詩織氏に対して「女として落ち度がある」などと発言して、それが批判されていた。

そもそも、LGBTであろうがなかろうが、子を持つかどうかの選択は個人に属する人権だ。アホな国会議員がどうのこうのと介入する話でもない。子供を持つ事を「生産性」と論ずるあたりが的外れだ。デタラメな政権に媚びるばかりで、生産性など皆無の議員がよく言えたものだ。人権意識のかけらもない差別発言だと、いまだ各方面から批判がたえない。安倍チルドレンか何か知らないが、右派を気取ったチンドン屋のような議員は、もう退場願おう。

“原爆投下と8月の雑感” への2件の返信

  1. この日だけは核兵器廃絶と言うけど
    行動は無し
    生産性?
    戦時中の政府と全く同じ頭しか持ち合わせていらっしゃらない
    一体日本はどうなってしまうんでしょうね

    1. あるふぁさん、コメントありがとうございます。
      先の戦争の反省から再出発した日本です。しかし、国会や国民に対して平気でウソをつく政権によって、この国の民主主義は危機的状態です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください