自転車おやじのボンゴレロッソ

151018oe-kakibatake01乾いた秋空は、これでもかと言うくらい青い。ひとシーズンに何度もない快晴だ。そんな絶好の日和に、お気に入りのジャージを着て、家を飛び出した。駆るは、もちろん例のアレだ。

ニソト(京都第二外環状道路)の大原野インターチェンジがある辺りは、大枝山と言って、もともと柿畑だった場所だ。10月も半ばを過ぎた頃、今年もタワワに実った富有柿が丘陵地を彩る。秋の富有柿は、春の筍と並んで、洛西の目玉である。

西山々麓、大原野。田畑と竹林を縫って続く細い坂道に、民家、神社、ため池等が点在している。麓を貫いた高速道路の橋脚が連なっている事を差っ引いても、景色はまだまだ牧歌的だ。

“自転車おやじのボンゴレロッソ”の続きを読む

春のパスタと自転車ワイン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA乙訓を抱く丘陵地の大方は竹林である。そこで筍(たけのこ)が最盛期を迎えている。朝掘った筍は、麓に点在する店で販売されている。地元の筍はちょっと高級である。出るところに出れば、一本数千円の値が付く。奥海印寺あたりのこしゃくな坂道を自転車で上って、ゼイゼイ言って、出来れば値切って、朝掘り筍を買って帰るというのが毎年の恒例だ。

 

“春のパスタと自転車ワイン”の続きを読む

イタメシ大衆食堂

トラットリアに行った。イタメシの大衆食堂のことだ。もうかれこれ8年ぐらい通っている店である。例によって、パスタランチを注文すると、アルバイトらしき若い女性店員が聞いてきた。

「乾麺にしますか、生麺にしますか?」

昔は、だまっていても乾麺だったが、近ごろは、モチモチした食感の生麺パスタが流行っているようだ。それはそれで美味しいが、私は乾麺が好きだ。やはりパスタは乾麺の塩茹でだろう。

“イタメシ大衆食堂”の続きを読む