コートジボワール戦の完敗とギリシャを倒せ

日本は負けた。コートジボワールに完敗である。序盤の先制点以外はほとんど見せ場がなかった。期待が大きかっただけに残念で仕方ない。対コートジボワール戦の感想を述べる。

前半、本田圭佑が左足を振りぬくと、ボールはゴール左隅のネットに突き刺さった。私は思は思わず立ち上がって、テレビの前で「ケイスケ!」と叫んだ。日本の勝利を感じさせてくれた瞬間である。

“コートジボワール戦の完敗とギリシャを倒せ”の続きを読む

サッカーW杯最終予選と政治憎悪

サッカーW杯最終予選の初戦で北朝鮮とあたる事が報じられると、その筋周辺はにわかに騒がしくなった。テレビで石原都知事が「選手が拉致されるかも知れない・・」なんて発言したものだから、各メディアは大喜びで取り上げている。

ブログの世界にもサッカー通が多いせいか、その反応たるや、それはそれは面白い。「よりによって時期がわるすぎる」とか「スポーツに政治を持ち込むな」とか「選手の安全が問題だ」などといった意見が多く聞かれる。TVのキャスターが「政治問題で神聖なスポーツが汚される事が懸念云々・・」なんて発言してると、私にはチョット的外れのようにも聞こえる。

この地球上でおよそ人類が行う仕業の中で一番注目されているのは「ワールドカップ」だ。政治・宗教・スポーツ、人が為せるあらゆるジャンルをひっくるめてもW杯以上に全人類の関心を集める行事はありえない。オリンピックがあるじゃないかという人がいるだろう。誤解を恐れず言えば、あんな物視てるのは先進国の一部の人々だけで、W杯の注目度とは比べようも無い。

野球がことさら発達してきた日本では理解し難いかも知れないが、ヨーロッパや南米のサッカー国民にしてみればW杯は国の威信を賭けた戦争のようなもので、W杯そのものは極めて政治的だ。政治も民族も拉致も近親憎悪もすべて呑み込むW杯サッカー、その舞台で日本代表は北朝鮮を叩いて欲しい。金正日に目に物言わせてやれ!