シングルモルトウイスキーの高騰と夫婦の恒例

1年ほど前、2,000円だったモノが、今は3,000円である。6,000円だったソレは12,000円の値を付けている。もっと高騰してるモノもある。デフレのご時勢にどうだ。秋になれば値は下がるのかと期待していたが、アテは外れた。株の話ではない。ウイスキーの話である。

NHKドラマ『マッサン』やハイボール人気でもって、ウイスキーの品薄が報じられたのは春から夏にかけてだった。何年も寝かせてから市場へ出荷するウイスキーは、ビールと違って、急な増産が利かない。サントリーの看板商品である『山崎12年』は、12年前に樽に仕込んだ分量がすべてだから、取り合えば値は上がる。需要と供給のバランスでもって価格が決まるのは、資本主義経済の大原則であるが、高値が付きっぱなしというのも困りものだ。

“シングルモルトウイスキーの高騰と夫婦の恒例”の続きを読む

ハイボールBARにて

wpid-1425728376466.jpgランタンが灯る夕暮れ時、とあるハイボール酒場のカウンターは、仕事帰りの男たちが鈴なりである。男たちがハイボール片手に熱い視線を送るのは、エプロン姿も美しい遥ママだ。厨房でママはアテの鯵フライなんかを作っている。そんな店があるのなら、私も行きたい。これはサントリーの角瓶のCMである。

ジャパニーズウイスキー造りのために人生を掛けた男、竹鶴政孝氏とスコットランド人妻の姿を描いたNHKドラマ『マッサン』。こちらも人気だ。私も夜の再放送で観ている。こちらはニッカウヰスキーの話である。自転車オヤジは、ここ最近、ニッカの『竹鶴』で作ったハイボールで”家飲み”している。

“ハイボールBARにて”の続きを読む