ビワイチとパンクとヒラメ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA琵琶湖一周を企てている。変わりやすい9月の天気予報をにらみながら、時計回りにするか、反時計回りにするか、気温はどうなのか、レーパンは短いので大丈夫なのか、やっぱり7分パンツで行くか、ジャージはコレか、道中何を食べようか、などと思案している。そうやってゴソゴソと準備している時間が楽しいのは、遠足前の小学生と同じである。

40歳でロードバイクを覚えた私が、初めて琵琶湖を一周したのは、およそ10年前である。持ち前の適当さと思い込みでもって、単独で琵琶湖大橋を時計回りで出発したはいいが、すぐにパンクに見舞われる。国道でガラス片を踏んだのだ。タイヤの空気はすっかり抜けていた。それなりの覚悟で始めた一大イベントが早々に終わるのか、という危機だった。

“ビワイチとパンクとヒラメ” の続きを読む

おやじ三人琵琶湖一周

朝7時半、琵琶湖米プラザを出発した。一行は、ビスさん、nasubiさん、私のおやじ三人である。昨夜降り倒した雨は上がっていたが、曇り空で少し肌寒い。湖西路を南へ。
080414biwaichi%20021.jpg
近江大橋を渡って、湖東側を北進。南湖の桜はハラハラと散っている真最中。濡れた路面に桜の花びらが貼り付いていた。
080414biwaichi%20025.jpg
「雨上がりはパンクしやすい」とよく言われるが、それを証明したような日だった。普段は弾くようなガラスや小石でも、タイヤが濡れると通しやすくなるらしい。この日、湖東側で5度のパンクストップに見まわれた。そのうち3回は私である。何かの祟りか。嫁か。
原因はタイヤに残ったガラス片だった。それもスローパンクを起こすような小さなガラス片だった。最初のパンクで見つけられない私がアホだ。それを割り引いても、3人中2人がパンクするという大当たり日だった。
080414biwaichi%20051.jpg
旧賤ヶ岳トンネル付近から見る琵琶湖は灰色の雲に被われていた。4月半ばとは言え湖北の空気はヒンヤリしていた。
海津大崎の桜は満開だった。平日でも人や車が大勢いた。幾つか潜るトンネルの周辺は渋滞していた。
マキノ、今津、新旭 高島と湖西を南下。右脹脛にはちょっと怪しい気配があったが、ツルことなく無事に米プラザに帰還した。ビスさんは、自走で帰られた。ビスさんのタフさには頭が下がる。
遅い上にパンクまでやらかす私は、仲間に助けられて完走することが出来た。プロジェクトBのエピローグは、nasubiさんの勧めで夕暮れの米プラザで食ったコレだった。186km

プロジェクトBと菜の花のおひたし

プロジェクトBという計画がある。オヤジ三人で琵琶湖を周ろうという計画のことである。もちろん自転車である。どうせなら湖北の桜が見頃の4月中旬に走ろうと企てた。仲間と一緒に、琵琶一走って、桜見て、楽しい想像は尽きない。
なにぶん4月は雨の多い時期である。計画を立てても一筋縄では行かないだろうなとは思っていた。案の定、低気圧が巡って来た。週間天気予報に拠ると、60%という降水確率だった。どうするべきかと、この一週間は、週間天気予報をにらみながら一喜一憂の日々だった。
080411%20028.jpg
一度は、諦めようとしたが、嘘か本当か、朝には雨は大方上がるという予報が出た。オヤジ三人の執念が天に通じたようだ。というわけで明日が”プロジェクトB”の決行日である。写真は、春を食う一品、菜の花のおひたし。眠れるのか。

ジロ・デ・イタリアと琵琶湖一周

21ステージに及ぶ熱い男達の戦いが終わった。ミラノのベネツィア通りはマリアローザ色に染まっていた。ディルさんもペタさんも格好良かった。しかし一方で、スターを支えた大勢の男達がいる。グランツールの勝者は男達の徹底した自己犠牲の上にあって、脚光を浴びない者こそ物凄い仕事をしている。猛烈なアタックを掛けた末に集団に呑み込まれた者、集団を引っ張り倒してゴール前で散っていった者、みんな男前だし、超人だ。

そんな男気溢れる戦いの余韻が残る翌日、空は快晴だった。おまけに仕事も休みだった。行きそびれた琵琶湖へ行くか?しかしもう午前9時だ。どうすんのよ俺! トイレに座って出たのは、今行かないときっと秋まで行けなくなる、という結論と○×△だった。そんでもって自転車を車に積んで家を出た。

琵琶湖大橋の米プラザに到着したのはもう10時半だった。北湖だけならなんとかなるという目論見で自転車を漕ぎ出した。終盤はヘタるだろうから路肩が安全な時計周りを選択した。ボケていてデジカメを忘れたので、以下は携帯の画像と能書き。
DVC00022.JPG
海津あたりまでのAveは27km/h、僕にしては良いペースだった。
DVC00025.JPG
片山トンネルを潜ると現れる湖北の風景は美しい。
DVC00027.JPG
長浜あたりから徐々にペースが落ちた。彦根のコンビニで補給するが、ペースは上がらず。サドルが硬いせいか、尻が痛い。

近江八幡から琵琶湖大橋まではもう惰性でだらだら。Aveは急激に落ちた。補給したモノは、どら焼き、プリン、おにぎり、ウィダーインゼリー、ソイジョイ3本、ペットボトル8本。
Dist147km Ave24.7km/h