吉祥院天満宮 祭りが終わると

吉祥院天満宮 祭りが終わると | 竹輪野dartu01.JPG
 台風11号が近づいていた。台風が暖かく湿った空気を運んできたおかげで、京都も蒸暑かった。そんな不快な気候にもかかわらず、吉祥院天満宮の境内には大勢の大人や子供で賑わっていた。どちらかと言うと小ジンマリした参道と境内に露店がずらりと並ぶ風景は昔と変わらない。でも子供の数は昭和の時代に比べると確実に減っているのだろう。
smartball01.JPG
 台風の影響だろうか、この日行われるハズだった六歳念仏踊りは翌日に延期になったそうだ。子供の頃、小銭を握り締めて何度も来ていたハズだけど、六歳念仏踊りをまともに見た記憶はない。りんごあめやら、カキ氷やら、なんやらかんやら、モノを買うのに必死だったのだ。まあ小学生あたりに地元の伝統芸能に興味を持てという方が無理というものだ。京都五山送り火が終わって、この祭りが終わると夏休みも本当に終わるのだ。長い長い夏休みだったけど、永遠には続かない事を知らされる時期だった。

6 Replies to “吉祥院天満宮 祭りが終わると”

  1. まささんこんばんは。
    いいですねえ、こういった昔から変わらず続いている地元のお祭りに久しく参加しておらず、こちらの記事でとても懐かしい気分に浸らせて頂きました。
    私は吉祥院天満宮の前を毎日歩いて通勤しているのですが、このお祭りのことも六歳念仏踊りのことも初めて知りました。
    節分の時に豆をもらいに行ったりしてはいるのですが・・・。
    さあ明日は祭りの後の吉祥院天満宮をチラリと眺めつつ、出勤することにいたします。

  2. てくすけさん、今晩は。
    吉祥院天満宮の祭りは夏が終わる合図です。確か夏の次は秋です。てくすけさんが毎日歩いている吉祥院の町も徐々に秋めいて来るでしょうね。食う物は旨いし、カメラ持っての散歩にも最高の季節です!

  3. 吉祥院天満宮のの夏祭りを検索していて貴ページアーカイヴ拝読しました。およそ30年前、吉祥院で小学生時代を過ごした時期がありエントリーの数々を拝見し当時を思い出しています。天満宮のお祭り、わたしも縁日の記憶しかありません(苦笑)
    一昨年前、当時住んでいた中島町の官舎が取り壊されるのを知り駆けつけた時には跡形も無くなっていました・・なんとも寂しいもので当時の記憶を辿って録り歩こうと計画しているのですが、なかなか。もう一度あの風景を見るのはちょっと思い切りが要るようです。

  4. susさん、今日は。ようこそです。
    中島町にあった旧国鉄官舎の跡地は、今は分譲マンションが建っています。僕も友達が居ましたので遊びに行った思い出があります。
    そうそう今日8月25日は、吉祥院天満宮のお祭りです。境内には昔ながらの縁日が並ぶ日です。でも私達の時代に比べると子供の数は少ないようです。

  5. レスポンスありがとうございます。
    官舎取り壊しで駆けつけた時には既に更地になっていて工事の足場が建ち上がっている状態でした。ただ一箇所、官舎正門の門扉だけが残っており、ああ確かにここに住んでいたのだなと・・ところで当時わたしも吉祥院小に通っていましたがプロフィール拝見すると まさ 様と同学年とは!思わぬ偶然、驚きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください