椎間板に告ぐ

椎間板に告ぐ | 竹輪野

kenin 032.jpgも頼みもしないのに、足腰の鈍痛は24時間営業だ。正直ヘルニアが、これほど辛いモノだとは思わなかった。同時にヘルニアなどという厄介事をショイ込んだ自分が情けなくて許せない。

adsense

医者「椎間板ヘルニアです。割りにはっきりした症状です。それが坐骨神経を圧迫しているようです」
  私「治りますか」
医者「安静にしていれば治りますよ」
  私「自転車とかダメですか」
医者「早く治したいなら大人しくして下さい。できれば痩せて下さい」
  私「動くな、でも痩せろ、とは難題です」
医者「食べなければいいんですよ」
  私「・・・」

低周波、腰の牽引、湿布薬、コルセット、涙ぐましい努力が続いている。早く治したいという気持ちを他所に、治る速度は牛車のごとくだ。果たして飛び出した椎間板は元に戻るのか。椎間板に告ぐ。俺が悪かった、機嫌なおせよ。

9 Replies to “椎間板に告ぐ”

  1. ueno兄貴、ありがとうございます。
    勝手に使わせてもらいました。
    “告ぐ”本家である兄貴の後押しが得られたので勇気百倍です。腹筋を作り直す覚悟で頑張ります。

  2. あらま、やっぱりヘルニアですか?!
    先が見えにくいので辛いですね。
    リハビリライド楽しみにしてます。
    お互いゆっくりしっかり治しましょう。

  3. どうもです。
    ちょっと長引いているようですね。
    私も腰は時々痛くなるので何時そうなるか、
    ひとごとではなさそうです。
    私も飲み食いを控えて痩せないとイカンのかも知れません。
    ともかくお大事に。

  4. nasubiさん、ども。
    まさか自分がヘルニアになるとは思ってませんでした。徐々には回復しているようですが、あせらずやります。
    もうちょっとしたら、自転車に乗り始めようと思います。そのときはよろしくです。
    hiroさん、ども。
    日々のデスクワークが負担なのか、思ったより長引いております。回復の速度が歳の証明です。
    ビールを止めれば痩せられそうですが、そればかりは難しいですな(笑)。

  5. 竹輪さんこんにちは。
    私と症状は同じですが、ヘルニアが発生した椎間板の位置が異なるかもしれませんね。
    腰の痛みが治まっても足の痺れはしばらく残りますが、足自体には異常はないので、リハビリに自転車に乗るのもいいと思います。
    固い路面でのランニングや中腰で重い荷物を持ったりするとヘルニアが再発しますので極力避けて下さい。

  6. nokonoさん、貴重な助言、ありがとうございます。
    腰の痛みはもうありませんが、椎間板が坐骨神経に悪さをしている状態です。
    足の痺れがひと段落してきたら、自転車に乗ろうと思います。ぼちぼち行きます。

  7. どーもです。ヘルニアなんですね。自分の父親が腰痛持ちでしたので、その辛さはよく判ります。早く良くなるといいですね。しかしビール絶つのは難しいですなあ。

  8. kazupiroさん、ども。
    ちゃんと治すには努力が必要なようです。
    少し痩せて腹筋作って格好よくなろうと思っています(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください