冬の雨と100円珈琲

131226 fuyunoame (600x800).jpg分かってはいたが、誰も何もくれなかったクリスマスが終わって、今年もあと数日となった。ネットで天気図を眺めれば、日本列島の気圧配置は西高東低の縦ジマ模様で、すっかり冬のシフトだ。そのうちシベリアあたりから、とんでもない寒気団が襲って来るに違いないと身構えてはいるが、今のところ音沙汰はない。

adsense

冷たい雨が降るその夜、駅に迎えに来て欲しいというインチキ風水師の家人を拾うために車で駅に向かった。

ラジオのニュースは、餃子の王将社長銃撃事件の続報を伝えていた。師走の京都で起こったのは、あまりにセンセーショナルで、且つ物騒な事件である。メディアの解説を聞いてもそれはまるでテレビドラマのようだ。

「雨は夜更け過ぎに雪へとかわるだろう♪」

歌の通り雪にでもなればソレっぽいが、今夜は変わりそうもない。季節感なく秋雨のようにシトシトと降り続いている。とメールが入った。家人からだった。”遅れます”との事。それじゃあと駅前のコンビニで毎度の100円珈琲を買った。なかなか止まない冬の雨だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください