吉祥院で忘年会

吉祥院で忘年会131222rakuyobonenkai 008雪こそ降らなかったが寒い夜だった。Xmasウィークを迎えた京都の寒さは文字通り底冷えである。マフラー巻いてダウンジャケットのジッパーを上げて駅のホームで電車を待った。目的地は南区吉祥院、思春期を過ごした場所だ。

幻の同窓会から、はや5週間、集まったのは50歳の同窓生たちだ。その数24人。忙しい年の瀬に、万難始末をつけて、みんなそれ相応の覚悟で参加したはずだ。洛羊会の忘年会である。

adsense

131222rakuyobonenkai 006場所は吉祥院にある韓国さくら亭という店。洛羊会は発足当時からずっと利用している、言わば「定宿」だ。そこで話し合われたのは、乗っ取られた母校、洛南中学を奪還すべく、”討ち入り”の談議だったのか、どうなのか。良く分からない。にしても、みんな楽しそうだった。

テーブルに並んだのは韓国料理と焼き肉。前回のホテル松井の鍋料理はほとんど残して来た。たぶんその腹いせだろう。みんな良く食って飲んだ。

店の半分を陣取った集団は、各卓々でどんな話をしたのか。50歳の忘年会、話題には事欠かない。それに同窓生の話というのは、どうにもこうにも面白い。ろくでもない仕事がらみの忘年会とは違って、ワキワキアイアイ楽しい時間だ。気が付いたら11時前、あらまぁ5時間も居た計算だ。時間が過ぎるのを忘れる、というのはこうゆう事だな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください