ハイボールBARにて

ハイボールBARにて | 竹輪野wpid-1425728376466.jpgランタンが灯る夕暮れ時、とあるハイボール酒場のカウンターは、仕事帰りの男たちが鈴なりである。男たちがハイボール片手に熱い視線を送るのは、エプロン姿も美しい遥ママだ。厨房でママはアテの鯵フライなんかを作っている。そんな店があるのなら、私も行きたい。これはサントリーの角瓶のCMである。

ジャパニーズウイスキー造りのために人生を掛けた男、竹鶴政孝氏とスコットランド人妻の姿を描いたNHKドラマ『マッサン』。こちらも人気だ。私も夜の再放送で観ている。こちらはニッカウヰスキーの話である。自転車オヤジは、ここ最近、ニッカの『竹鶴』で作ったハイボールで”家飲み”している。

adsense

遥ママとマッサン、どちらもウイスキー人気を後押しする話題だ。ウイスキーがお好きでしょ♪って、ウイスキーは売れに売れて、生産が追いつかないとニュースが伝えていた。

wpid-1425724286576.jpg家飲みばかりの私だが、友人に誘われてハイボール酒場に行った。四条大橋の西にあるハイボール専門店『HIGHBALL BAR 京都1923』である。雨が降る週末だったが、店は大盛況だった。週末は予約が必要か。サントリーの系列店らしくウイスキーは同社のモノに限られる。角ハイボールは一杯430円、山崎ハイボールなら560円という飲み代。揚げ物、生ハム、燻製、チーズ等をアテにした。落花生は食べ放題らしい。遥ママ、いないよな。。

「マッサン」広がる人気…ウイスキー注文殺到

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください