遠ざかる昭和と55歳の話

遠ざかる昭和と55歳の話 | 竹輪野平成最後の年末である。比較的穏やかな歳の瀬だなと油断していたら、今年もあと数日となった週末、寒波がやって来た。夕暮れ時、灰色の空からは、白いモノがパラパラと舞い落ちて、あたりは冷蔵庫のように冷えている。この一年、いったい何があって何をしたのか、いまいち記憶も怪しいが、思いのままに、つれづれに、適当でいい加減な雑感を述べたい。

半世紀をとっくに生きてしまったオヤジである。55歳である。スマホの文字は霞むし、腰に爆弾も抱えている。秋の健康診断では、血中コレステロールが多いから、何とかしなさいと、有難い忠告を頂いた。頑張って身体に良い事に励むとしよう。昭和、平成、まだ見ぬ新年号と、どうやら三つの時代を生きる事になりそうだ。

adsense

先月の事。55歳たちが、京都駅前のホテルに集まった。5年ぶりの同窓会である。その数、ざっと60人。みんな1979年に市立洛南中学校を卒業した同窓生たちだ。ほとんどは小学校からの繋がりである。準備した側の私が言うのもなんだが、同窓会なんてのは、行きたくない人にとっては鬱陶しいだけだろう。仕事とか、家族とか、健康とか、まだまだ何かを背負っている世代である。にも関わらず、またまた大勢の同窓生たちが集まってくれた。実に明るく楽しい会合だった。残りの時間を数える年代になった我々の命題は一つ、健康である事。あとにも先にもソレにつきる。

京都東山、清水寺で発表された今年の漢字は『災』だった。夏場に西日本を襲った豪雨で多数の死者が出た事を考えての事だろうか。地震、台風、大雨、猛暑、確かに自然災害が多かったが、毎年の事である。もちょっとマシな漢字は宛てられなかったのか。つまるところ『災』を打ち消すだけの明るい話題が無かったという事か。ウソやデタラメがまかり通る政治と相まって、社会に蔓延するのは閉塞感だろう。メディアや政治家は、オリンピックだ何だと騒いでいるが、実のところ世相は暗いと感じる。

韓国海軍による海上自衛隊のP-1哨戒機へのレーダー照射が大きな問題になっている。タダでさえ、従軍慰安婦や徴用工の問題でギクシャクしているところへもって来て、この事件である。今回の件、韓国海軍の行為はだいぶん分が悪い。でもなかなか謝罪はしないだろう。意地の張り合いだ。もう平成の間ずっとだが、日韓関係は大変だ。

今年、星野仙一、大杉漣、西城秀樹、樹木希林などの著名人が世を去った。中でも、昭和を代表するアイドル歌手、西城秀樹の訃報は時代の変遷を感じさせる。ヤングマンの冥福を祈る。

平成最後の紅白歌合戦のトリを務めるのはサザンオールスターズらしい。こちらも昭和が産んだトップアーティストだ。大晦日は、みるみる遠ざかる昭和に思いを馳せて、蕎麦を食べるべし。そしてどうか、元旦の空は「ブルースカイブルー」でお願いしたい。

3 Replies to “遠ざかる昭和と55歳の話”

  1. 今晩は竹輪さん。松橋の松です。白い物は私の頭やあそこにもちらほら出現しています。55歳の同窓会はうらやましい限りです。で、今年は京都は訪れず、テレビで全国高校駅伝大会を応援していました。夏の祇園祭りも行けませんでしたが、2025年の大阪万博は妻も行きたいと言っており、その時に京都も散策したいと考えています。
    私も身体のあちこちにガタが出始めていますが、東京オリンピックと大阪万博、そして、その合間でトライアスロン大会出場に向けてボチボチとロードバイク&ラン&スイムをボチボチ行って行きたいです。その間にもう一度お会いして、京都の酒と料理を一緒に楽しみたいです。(「まんぷく」で号泣した55歳より)

    1. 松さん、今晩は。ご夫婦で大阪万博に行かれるのはいいですね。ぜひ実現を。私は7年後の自分の姿が怖いです。トライアンスロンは凄いです。正直憧れます。
      私は私で、熊本、長崎は訪れたいと思っています。なかなか行けなくてすみません。行けたら食事を一緒にしていただけたら嬉しいです。
      コメントありがとうございました。良いお年をお迎えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください