中書島の灯りと昭和の雀

中書島の灯りと昭和の雀 | 竹輪野中学のバスケット部のキャプテンだったMとは、浅からぬ縁がある。小学校らか大学まで同じ学校に通った。大学は学部まで一緒。バイトも一緒にした。同じ空気を吸って大人になった。そんな間柄の我々は、音信が途絶えた時期もあったが、よわい50代半ばに達した今も、着かず離れずの関係でいる。

その友と待ち合わせたのは、京都伏見の中書島である。なんだか得体の知れない『令和』という時代が迫る今にあって、昭和の匂いがする町である。我々は、数年に一度、中書島で飲むのが恒例のようになっている。

中書島は町と川が融合した場所である。戦国時代の末期、伏見の城下に、宇治川の流れを引き込み、水路を築いたのは、豊臣秀吉である。天下人が、治水こそが国家運営とばかり、伏見の地に創ったのは、人や物資が行き交う内陸の港湾都市だった。そこには当然のように遊女たちも集まった。それから400年、中世、近代、戦後の売春防止法まで、中書島の色町としての歴史は長い。一時期は、吉原、島原を凌ぐ歓楽街だったという。いろいろな意味で、魅力的で由緒正しい土地である。

adsense

腹ごしらえに商店街の居酒屋で少し食べて飲んだ。例によって、Mと私のオヤジ二人かと思いきや、その夜は違った。嬉しい事に仲間が来てくれた。みんな旧友たちである。ポツリ、ポツリと人が増えて、スナックになだれ込んだ時には、紳士淑女6人になっていた。

中書島駅前通り。酒場の灯りは、なんとも叙情的だ。他に焼肉店や中華料理店もある。ただ、いい意味でどの店もくたびれている。駅へと続く目抜き通りは、昭和が薫るノスタルジックな通りだ。

小さなスナックの止り木に昭和の雀6羽が止まった。それにしても、スダレ禿の言う『令和』とは何の事だ。いったい何を言っているのか。今も我々の胸中にあるのは昭和の郷愁である。

「街の灯りちらちら霧が降る泣き出してしまいそうな長いマツゲで見覚えのあるレインコートの恋人が街角で濡れてあなたを殺していいですか♪」

大変である。楽しすぎて酸欠になりそうだった。文字通り、飲んで歌って夜は更けた。焼酎を2本空にした。言っておくが、みんな健全なる既婚者である。酒蔵の脇を流れる疎水では、平成最後のソメイヨシノが満開を迎える夜だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください