尾道ラーメンと備中国分寺と横溝映画 -瀬戸内しまなみ海道の旅その4-

尾道ラーメンと備中国分寺と横溝映画 -瀬戸内しまなみ海道の旅その4- | 竹輪野自転車を室内に置きたいと言うと、フロント係は、快く応じてくれた。そして、ベッドの足下にビニールシートを敷いてくれた。ベッドの足下は、自転車を置くには、ちょうど良いニッチなスペースだった。

尾道ラーメン 一丁福山駅前の繁華街に出た。駅前の路地を歩いて、少し迷って、お目当ての店を見つけた。『尾道ラーメン 一丁』である。ネット評によると、地元では知らない者はないぐらいの超の付く人気店という事だ。

カウンターだけの店は、すでに満席だった。待ち客までいる。ハッキリ言って店は狭い。しばらくすると席が空いた。

尾道ラーメン 一丁入口付近にある発券機で食券を買う方式である。注文は、ラーメンとチャーハンのセット。

背油が浮いた深い色の醤油ラーメンが出てきた。チャーシューと刻みネギが乗っている。麺はストレート。入口に製麺所と書いてあったので、自家製麺だろう。たちまち平らげた。おいしゅうございました。

ホテルに戻って、もう一度風呂に入った。今日の走行距離は、ここしばらくなかった運動量である。オヤジはハリキリ過ぎである。どうやら代謝が追い付いて無いようだ。身体は疲れていたが、老廃物を出すためか、どんどん発汗していた。

ビールを飲んで、ベッドに横たわった。別に心配していないだろうが、スマホで、家人に無事を報告したり、明日の天気を見たりした。それも束の間。睡魔の懐に呼ばれるのに時間は掛からなかった。

adsense

朝起きると、汗を掻いて寝たせいか、身体は軽かった。ホテルを出て、関西で言うマクドで朝食を食った。備蓄はたくさんあるのに、朝から腹は減っていた。

県道と国道を走って、広島県から岡山県に入った。川沿いを走り、橋を渡り、宿場町で補給した。

岡山県総社市にある備中国分寺は、いつか訪れたいと思っていた寺である。草原と花畑と五重塔。ネットの記事で何度か見ていた風景があった。辺りはちょうどレンゲが咲いて、翌日から「レンゲ祭り」が開催されるようだった。しかし、残念ながら青空はない。見事な曇天である。

総社がらみで、ちょっと映画の話をしたい。横溝正史の小説は、岡山県や瀬戸内の島が舞台になっているモノが多い。映画「悪魔の手毬歌」の公開は1977年。連続殺人事件の舞台である鬼首村(おにこうべむら)は岡山県の総社あたりという設定だ。中学生だった私は、京都の新京極の映画館で観ている。怖いもの見たさだった。今でも憶えているが、映画館の看板絵は、葡萄樽に半分浸かって吊るされた少女の絵だった。以下は、その映画のラストシーン。

総社駅のホーム。金田一耕助(石坂浩二)を見送る磯川警部(若山富三郎)がいた。難事件を解決した金田一耕助に探偵料を渡そうとする磯川警部。必要経費だけでいいと、金田一耕助は受け取らない。

磯川「あんた、こまりゃせんかのう。」

金田一「まあ、なんとか・・・。」

列車に乗り込む金田一耕助。磯川警部がトランクを金田一に手渡す。

金田一「お世話になりました。」

磯川「いや、こちらこそ。」

汽車の汽笛が鳴り響く。ゆっくりと汽車は動き出す。
デッキから身を乗り出して、金田一耕助が言う。

金田一「磯川さん、あなた、リカさんを愛してらしたんですね。」

磯川「えっ、何かいいましたか。」

汽車の音にかき消されて、磯川警部には聞こえない。

遠ざかる汽車。カメラがホームの柱の駅名を映し出す。

そうじゃ

 

それから、自転車を畳み、輪行バッグを抱えて、服部駅から電車に乗った。同駅は吉備線の無人駅である。乗り換えを経て、姫路駅に着いた。最後の宿は姫路だった。

翌朝、雨が降るだろうと覚悟していたが、曇り空だった。それじゃ、雨が降るまでは走ろうとサドルに跨った。

旅のエピローグは、姫路から明石まで、播磨灘の沿岸を行く道である。平成最後の土曜日、東予港に降り立って、しまなみ海道を渡り、兵庫県明石市まで、しんどくも楽しい旅だった。ひとり善がりなオヤジの旅はこれで終わる。

 

 

2 Replies to “尾道ラーメンと備中国分寺と横溝映画 -瀬戸内しまなみ海道の旅その4-”

  1. 最終回は「大団円」ですね。ラーメンとチャーハン、そして喉をけたくっていく(熊本弁です)ビールに竹輪さんの身体が大喜びしたことでしょう。130kmも走ったら、やはり炭水化物が最高です。
    熊本だったらずばり豚骨ラーメンですね。
    2025年が大阪万博に行きますので、その時にはいっしょに遠乗りしましょう。62歳でもビワイチが出来るようにトレーニングは続けます。

    1. 松さん、今晩は。
      サイクリングの合間は、なるべく食べないようには心がけてました。コンビニでビールとつまみを仕入れて、ホテルで一人酒、これが楽しみでした。喉をけたくって飲んでました(笑)。了解です。万博イヤーに松さんと琵琶湖を走る事を楽しみにしています。熊本はぼちぼち梅雨入りですね。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください