ニッチな季節とハートの窓

地球の公転に合わせて、季節の歯車はギリギリと動いている。お前は見たのかと言われそうだが、たぶんそうだ。本当の夏が来る前のニッチな時期、気まぐれな梅雨前線が差配する天候は、なんでもありだ。奇術師の手業よろしく、雨雲、降水、太陽、寒暖、虹、落雷と変幻自在である。曖昧で難解な節気に、四季の深淵を見るようだ。

梅雨雲が太陽を隠した日曜日、国道307号をドライブした。座ったのは、サドルではなく運転席で、握ったのは丸いハンドル、踏んだのはアクセルペダル、助手席には家人である。琵琶湖のすぐ足元を横断する国道307号は、ローディーたちが行き交う人気の道である。信号が少なく適度なアップダウンがあるワインディングロードは湖東へと延びる。

夏も近づく八十八夜。。梅雨に磨かれた新緑が深まる宇治田原は折りしも、新茶のシーズンである。茶畑を縫って行く国道のあちこちに『新茶』の幟が立っていた。隣の家人が言う行き先は、宇治田原と信楽の山間にある小さな寺である。

“ニッチな季節とハートの窓” の続きを読む

旧奈良街道と地蔵禅院

OLYMPUS DIGITAL CAMERA赤いアーチの山城大橋の少し東で、国道307号と交差しているのが府道70号である。府道70号は、別名、旧奈良街道と呼ばれている。同街道は、京都と奈良を結んだ主要道だったが、道路開発が進んだ昭和の時代に、国道24号に取って代わった。

東に南山城の山々を見ながら、木津川に沿うように、府道70号は延びる。並行して、古い町並みと田畑を縫って走るのはJR奈良線である。辺りの山麓の道は、山背古道とも呼ばれいて、古刹の類が多くて趣深い。自転車で奈良方面を目指すなら使える道だ。少なくとも、自転車道に比べて変化がある。

“旧奈良街道と地蔵禅院” の続きを読む