天ヶ瀬ダムと石山寺と南禅寺の青瓶珈琲

アーチ型のダムサイト越しに紅葉が燃えていた。晩秋の弱い太陽が照らすのは金糸銀糸の広葉樹たちだ。桜も紅葉も散りぎわが美しいというが、さもありなん。人造物であるコンクリート壁と自然とが作る風景は見事である。

師走になったばかりの平日、車の助手席に家人を乗せて家を出た。今時は、北の方から寒気団が下りて来ない限り、穏やかな天候が多い。朝の空気は乾いて凛としている。京都の紅葉劇場も千秋楽が近いが、紅葉を観ようとやって来たのは、宇治川の上流、天ヶ瀬ダムである。ベタでささやかではあるが、夫婦紅葉散策は恒例の行事である。

小学校の遠足だったり、釣りだったり、若い頃、赤いクーペに乗って夜な夜な攻めた宇治川ラインだったり、誰かの車がオシャカになったり、思い出はいろいろある。そんな天ヶ瀬ダムだが、オヤジになった今、年に数回は、ロードバイクでやって来る。時速20キロで観る景色はどうにも魅力的だ。

“天ヶ瀬ダムと石山寺と南禅寺の青瓶珈琲” の続きを読む

宇治田原の金カレ

金曜日である。無性にカレーうどんが食べたかった。そうだ、あの店は「金カレ」をやっているハズだ。行こう、「金カレ」を食べに行こう!そう思って家を飛び出した。
080425_059.jpg

自転車道で川を下って、橋を渡って、小さな峠を越えて、宇治田原にやって来た。犬打川沿いの旧道から見る緑が美しい。
残念なことに、「金カレ」は売り切れだった。どうやら相当な人気らしい。仕方ないので生醤油うどん大を注文した。トッピングは海老天&芋天だ。待ち客が多くて、出来上がりまで15分ほど待たされた。常連客の中には”マイ椀”持参の通もいた。
080425ujitawara 078.jpg

帰り道は宇治川ラインから宇治、伏見を経て自転車道へ。「金カレ」が食えなかった以上、リベンジしなければならない。今度はもっと早く出よう。72km。