1300年の都とドミトリーベッドの夜 -春の輪行その2-

梅干うどんを食べて、梅が咲き乱れる桃源郷、月ヶ瀬梅渓を後にした。龍のシッポで名張川とはお別れである。そこから国道25号と県道80号で山道を西へ進む。

水間トンネルに至る峠道は険しく、ペダルは重たい。いつ終わるとも知れない葛篭折れの連続で、もう死にそうだった。水を飲み飲み、休憩を入れて、何とかピークを越えた。小高い丘を幾つかこなして最後はずっと下り、安全走行のためペダルは踏まない。下ったところが、1300年の都、奈良である。

宿を取っていた。近鉄奈良駅に程近い奈良オークホステルという宿である。春の行楽シーズンとあって、市内のホテルはほぼ満員で、直前にどうにか取れたのが、同ホテルだった。

“1300年の都とドミトリーベッドの夜 -春の輪行その2-” の続きを読む